読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Home Again

4LDKマンションのインテリア変遷キロク

アートとの付き合い方について感じたこと

essay

芸術の秋、スポーツの秋ですね~。


この週末は、お城公園で開催されていた市民芸術祭を観に行ってました。( *´艸`)
f:id:yurin1968:20161016122405j:plain
公園内ではリレーマラソンが開催され、出店もたくさん出てました!


俳句甲子園の開催地として名高い(?)当地。


夫の転勤で当地に引っ越してきた当初、
県立美術館などでの企画展のほとんどがアニメや特撮関係だったり、
ミニシアター系の映画館が廃れていたり、
輸入品を取り扱うようなインテリアショップがほとんどないことに、
少なからず残念な気持ちを抱いていました。(*´ω`*)


で す が、
この地に住んで10年近くなって地元の友人ができ、
こちらでは、どこかの芸術家が作りだした「芸術作品」を見るよりも、
自分たちが自ら芸術そのものに関わっていこうとしていると感じるようになってきました。
だからこそ、催し物も肩に力が入ってない身近な企画が多いのかなあと。


見て楽しんだり教養を深めたりというより、
自分たち自身が演じたり踊ったり、歌ったり、写真を撮ったりして楽しんじゃう、
みたいな感じです。



その日は、同僚が公園内の文化会館でフラメンコを踊るというので応援に行ってきました。フラメンコだけでも市内で数団体が参加しており、それぞれに個性があってかなりの迫力。
見応えがありました。(๑>◡<๑)



・・もともと美術館で目の保養をしたり博物館で珍しい展示品を見るのが大好きでしたが、こういう人生の楽しみ方もあるということを、はじめてこの地で教わったような気がします。


ちなみに公園内の美術館では、「猫展」が開催されていました。
f:id:yurin1968:20161020151356j:plain
流行りモノに聡いというか、足が地についているというか・・ものすごく身近な感じです。(;´Д`A



芸術的才能が欠落している私にとっては、まだまだ「見て楽しむ」系のアートの方が馴染みやすいですが、これからは「参加するアート」にも関わっていきたいなと思いました。╰(*´︶`*)╯♡



・・とか言いながら、
「見て楽しむ」系アートが多い隣県の美術館で開催中の企画展が気にかかってます。
f:id:yurin1968:20161020151436j:plain
これ観に行きたいなー。( ̄∀ ̄)




最後まで読んでいただき、ありがとうございました🙇🏻🙇🏻



お帰りの際、お手数をおかけしますが、
下記バナーをポチッとしていただけると、
更新の励みになります💓


ブログランキング・にほんブログ村へ